小児歯科 - 上用賀 中野歯科医院


小児歯科

トップページ診療案内小児歯科


「お子さまへの歯科治療の目標」

お子さまへの歯科治療の目標当院に来院されたお子さまへの歯科治療は、悪いところを治すことと共に、自分の歯を守る習慣を身につけてもらうことを目標としています。

子どもの頃に虫歯になりにくい口腔環境とセルフケアの習慣を身につけることができれば、生涯にわたって虫歯や歯周病になりにくい口腔環境を作り上げ、維持していくことができます。そのためにはまずご家族がお子さまの口の中のことに興味を持ち、以下のような内容を理解していただくことが大切になります。

  • 虫歯や歯周病の正しい知識を理解する
  • 正しいブラッシング方法を習得する
  • 食生活・生活習慣を見直す

ことなどが挙げられます。
さらに、お子さまの口の中に興味を持つことは、ご自身の口の中にも関心を向ける良いきっかけにもなります。

小児歯科お子さまは家族のいろいろなところを見ています。家族の方が口の中を常にきれいにすることで自分もそうしようと思うようになります。お子さまの歯を守るのはご家族の役目であり、歯医者の役目はそのきっかけをつくり、しっかり守れているか確認し、問題が起きたらできるだけ早期に対処することとなります。


お子さまの歯科医院受診をいいきっかけとして、家族みんなで歯を大切にしていきましょう。

「実際の治療について」

実際の治療について多くのお子さまが歯医者に初めて来院するのはご家族の治療の付き添いや、自治体による1歳6か月検診の時になると思います。その頃の病院へのイメージは予防接種の時などの「痛い」「怖い」といったマイナスイメージばかりだと思います。

そういった状況の中での初めての検診となると、なかなか口を開けてくれなかったり、泣き続けてイスに座ることさえできなかったりといったことなってしまうのも当然のことだと思います。

ですので、検診や治療の前の第一段階として大切なのはまず歯医者さんに慣れること。そのためには「歯医者」=「怖い」というイメージをできるだけ植え付けないであげることが重要となってきます。

それがクリアできれば、まずは口の中を鏡で見られることに慣らし、治療が必要なところがあれば口の中に簡単な器具を入れることから慣らすといった段階的な訓練をしていきながら徐々にできることを増やしていきます。

歯科治療自体は削ったりつめたり、虫歯がかなり進行してしまった場合は神経をとったりと大人と同じようなことをしますが、0歳のまったく歯のない状態から成長の落ち着く18歳頃まで、歯や歯肉の状態から歯並びの問題など様々な状況の変化に対応しながら治療を行います。


「定期的な検診・フッ素塗布による虫歯予防」

定期的な検診・フッ素塗布による虫歯予防乳歯・永久歯ともに生えて3年くらいは歯の表面も未成熟で弱く虫歯になりやすいので、自宅での適切なホームケアと合わせて年に2~3回、検診も兼ねてフッ素塗布をすることで歯を強くし、虫歯を予防していきましょう。

その他、歯並びやおしゃぶりなどのくせなど、成長に合わせて様々な問題が起こり得ますので、細かいことでも気になることは何でもご相談ください。

日々の適切なホームケアと定期検診を受診することでお子さまは痛い思いをせず、逆に歯医者さんは楽しいところだと思っていただけたら幸いです。
お子さまのお口の健康をご家族と私たちで守っていきましょう。


このページの上へ

calendar_title01.jpg

jikan_title03.jpg

 


    9:30~13:00
(最終受付 12:30)

9:30

13:00
(不定休あり)
    14:30~20:00
(最終受付 19:30)

※1 

17:00まで

 ※1 祝日のある週のみ木曜日の午後も診療いたします(17:00まで)。 祝祭日は休診です。 

このページの上へ