歯周病治療 - 上用賀 中野歯科医院


歯周病治療

トップページ診療案内歯周病治療


歯周病とは

歯周病とは歯周病とは虫歯のように歯そのものに起こる病気ではなく、その周りで支える歯ぐきや骨に起こる病気で、歯を失ってしまう1番の原因とされています。
歯の周りに付く汚れである歯垢(プラーク)の中にいる細菌が、歯と歯ぐきの境い目(歯周ポケット)から侵入し、毒素を出して歯ぐきに炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまいます。

虫歯とは異なり、初期~中期の段階ではほとんど自覚症状がないため、気付かないうちに進行し、歯ぐきの腫れや出血、歯の動揺などを起こした後、ついには自然に抜け落ちてしまうくらい重症になることもあります。

1度進行してしまった場合は治療により進行を止めることはできますが、高血圧症や糖尿病のように元の状態に戻すことはできないので、専門的な検査による早期発見・早期治療が重要になりますし、その後の適切なセルフケアや定期的な検診を受けていくことによって進行の予防をしていくことがとても大切になります。

こんな時は歯周病が進行しているかもしれません!

  1. 歯ぐきが腫れている。
  2. 歯ぐきから血が出る。
  3. 口臭が気になる。
  4. 口の中がネバネバする。
  5. 歯がグラグラする。
  6. 固いものなどが噛みづらい。
  7. 以前より歯が長く見える気がする。

なるべく早めに検査を受けましょう。

歯周病の進行を助長する要因

  1. 清掃不良・・・主原因である細菌が常時大量に存在してしまいます。
  2. 糖尿病などの全身疾患・・・体の免疫力が低下し、細菌への抵抗力も低下、進行を助長します。
  3. 喫煙・・・歯ぐきの末梢血管が細くなり、治癒力が低下してしまいます。
  4. ストレスや不規則な生活習慣・・・体の抵抗力が低下し、進行を助長します。
  5. 歯ぎしりやくいしばり・・・過剰な力がかかることで歯の支えの破壊を助長します。

.

歯周病の進行

健康な歯肉

健康な歯肉

健康な歯肉歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨)が健康な時、歯はそれらによってしっかりと支えられています。正常な歯肉は引き締まったピンク色をしており、また歯槽骨もレントゲン写真上で高い位置で歯を支えているのが確認できます。
歯周組織の状態により、歯肉炎・軽度歯周病・中等度歯周病・重度歯周病の4段階に分けて診断します。

歯肉炎

歯肉炎

歯肉炎磨き残しなどの汚れにより、周囲の歯肉が炎症を起こし、赤味を帯びて少し腫れたような状態になり、歯ブラシをした時に出血することがあります。
この段階ではまだ歯槽骨には影響を及ぼしていませんが、放置していると次第に歯肉の中の方に進行し、やがては歯槽骨にも影響を及ぼします。周りの汚れを専用の器具で取り除き、毎日の適切なブラッシングをしていただくことで状態は改善します。

軽度歯周病

軽度の歯周病

軽度の歯周病歯肉炎と同様に歯肉には赤味と腫れが見られ、レントゲン写真や専用の器具により診査をすると歯槽骨がやや下がり始めていたりすることが確認できます。
歯肉の中の汚れを専用の器具でしっかり取り除いた後に適切なブラッシングと定期的な検診を受けていただくことにより、状態の悪化をある程度防いでいくことができます。

中等度歯周病

中等度の歯周病

中等度歯周病歯肉には変わらず赤みや腫れが見られ、膿が出てくることもあります。また歯を触ると少し揺れるような感じがすることがあります。
病態は進行し、歯の根の半分くらいまで歯槽骨が下がって汚れが侵入していきます。
歯肉の上からの処置では見えない上に届かなかったりと限界があり、完全に汚れを取り除くには歯周外科治療(歯肉の小手術)が必要になることもあります。

重度歯周病

重度の歯周病

重度の歯周病歯周病がかなり進行し、支えている歯槽骨の大半が下がってしまった状態です。
歯はかなり揺れが見られ、また物を噛んだりすると痛んで噛めないこともあります。
進行すればするほど抜歯の可能性が高くなり、ついには自然に抜け落ちてしまうこともあります。

.

歯周病治療の流れ

歯周病治療は次にような流れで進めていきます。しかし患者さんの歯周病の進行程度によって治療期間や回数には差が出てきます。しっかりとした診査・診断の上で話し合い、患者さんそれぞれの治療計画を立てていきます。

1.診査・診断 その1

歯周病検査の開始

歯周病検査の開始歯ぐきの腫れや汚れの付き具合などを目で見て確認し、表面上の進行具合や日頃のブラッシングの状態を判断します。







2.診査・診断 その2

レントゲン検査

レントゲン検査レントゲン写真を撮影し、歯の状態や周りの骨の状態など、肉眼では確認できないものを診査します。






3.診査・診断 その3

歯周ポケットの検査

歯周ポケットの検査プローブという専用の器具を用いて、歯と歯ぐきの境い目(歯周ポケット)の深さを測ります。
1~3mmで出血がなければ健全な状態。出血を伴えば歯肉炎。
3~5mmで軽度の歯周病
5~7mmで中等度の歯周病
8mm~で重度の歯周病
と判断します。また器具を挿入した時の出血の有無で歯ぐきの内部の炎症状態を診査します。

4.プラークコントロール

ブラッシング指導

プラークコントロールプラークコントロール
まず始めに患者さんご自身で日々の汚れをしっかりと取っていただけるよう、正しいブラッシングの方法や歯間ブラシなどの補助器具の使い方など、患者さん一人一人のお口に合った磨き方を理解していただき、実践していただきます。
日々のブラッシングが変わるだけで歯ぐきの状態はだいぶ変わってきます。






5.スケーリング

歯石除去

スケーリングスケーリング
細菌のたまり場となるプラークや歯石を取り除きます。歯ブラシなどではとれないので、専用の器具を使って歯ぐきの中に沈着している歯石まで徹底的に除去していきます。












6.再評価

改善度のチェック

再評価歯周病の主原因であるプラークや歯石を取り除き、歯ぐきの炎症が落ち着いた頃を見計らって、再度歯ぐきの検査をし、どの程度の改善が見られたかチェックします。
この時の結果と普段のブラッシングの状況などをふまえて、今後のメインテナンス(定期検診)の間隔を検討します。
また、思ったほどの改善が見られないような場合は、外科的な処置に移行し、一気に環境改善を行う方法を提案させていただくこともあります。

7.歯周外科処置

外科的な治療

歯周外科処置再評価時の結果が思わしくなかったり、スケーリングではどうしてもとりきれない歯石があるような場合、麻酔をして痛みをなくした状態で歯ぐきを開いて深い部分の歯石をとったり、歯ぐきの形態を整えるような処置をします。
スケーリングと比べ、悪い部分を見える状態にして一気に取り除けるので非常に治療効果は高いです。
処置の必要性のありそうな方には提案させていただく時に詳しく説明させていただきます。

8.メインテナンス(定期検診)

定期検診

メインテナンス(定期検診)一連の流れの治療が終わった後、そのまま放置してしまえば気付かないうちにまた徐々に悪い状態に戻ってしまう可能性があります。
徹底的に周りの汚れを除去した後はできる限りその良好な状態を維持できるよう、定期的な検診とクリーニングを受診されることをおすすめします。検診の間隔はお口の状態などからご提案させていただき、通いやすい間隔をつくっていきましょう。


毎日の適切なブラッシングと規則正しい生活、定期的な検診で健康を維持しましょう。

このページの上へ

calendar_title01.jpg

jikan_title03.jpg

 


    9:30~13:00
(最終受付 12:30)

9:30

13:00
(不定休あり)
    14:30~20:00
(最終受付 19:30)

※1 

17:00まで

 ※1 祝日のある週のみ木曜日の午後も診療いたします(17:00まで)。 祝祭日は休診です。 

このページの上へ