ブリッジ・入れ歯・インプラント - 上用賀 中野歯科医院


ブリッジ・入れ歯・インプラント

トップページ診療案内ブリッジ・入れ歯・インプラント


ブリッジ・入れ歯・インプラント

虫歯や歯周病などを原因にして惜しくもご自分の歯を失うことになってしまった場合、その失った歯のスペースを補うために以下の3つの方法が挙げられます。

1.ブリッジ

ブリッジ
ブリッジは失った歯の両隣りの歯を削って土台とし、つながった被せ物を橋をかけるような形で装着して欠損部を補う方法です。

利点
・天然の歯と同じような形態なので異物感が少なく、見た目も自然
・咀嚼能率(物を噛み砕く力)は天然歯の50-70%くらい
・比較的安価(材料等が保険治療の範囲内の場合)
欠点
・土台となる歯を削らなければならない
・欠損の本数や土台となる歯の状態などで適用できない場合がある
・ダミー部の下の掃除が困難
・1カ所でも外れたり虫歯ができたりしたら、すべて外してやり直さなければならない

ブリッジについて詳しく見る



2.入れ歯


入れ歯


入れ歯は失ってしまった歯の部分に取り外し式のもので補う方法で、残っている歯に金具などで引っ掛けて一部の欠損を補うものを部分入れ歯、すべての歯がなくなってしまっている場合を総入れ歯といいます。

利点
・周りの歯を削る必要性が低い
・どのようなケースでも大抵適用可能
・取り外してしまえば掃除が楽
・比較的安価(保険治療の範囲内の場合)
・壊れた時など修理することができる
欠点
・ある程度大きな装置なので異物感が強い
・金具がかかるケースなどでは見た目にも目立ってしまう
・咀嚼能率は天然歯の20-30%と低い

入れ歯について詳しく見る



3.インプラント

インプラント
インプラントは失った歯の部分の骨にフィクスチャー(ネジのようなもの)を埋め込み、それを人工の歯の根としてアバットメント(土台)を立て、被せ物を装着する方法です。

利点
・周りの歯を削る必要性がない
・天然歯とほぼ同じ形態なので異物感が少ない
・見た目も分からないくらいきれい
・咀嚼能率は天然歯の80%と高い
欠点
・外科処置が必要
・骨の状態により、適用できない場合がある
・治療期間が長い(3ヶ月-1年)
・保険が効かないため、治療費が高額

インプラントについて詳しく見る

それぞれまったく異なった治療方法で、利点・欠点もまた異なります。
もしも欠損が生じてしまったら、欠損部やその周囲の状態をしっかりと診査し、どの治療法を選択すべきかを十分相談した上で治療に入りましょう。

このページの上へ

calendar_title01.jpg

jikan_title03.jpg

 


    9:30~13:00
(最終受付 12:30)

9:30

13:00
(不定休あり)
    14:30~20:00
(最終受付 19:30)

※1 

17:00まで

 ※1 祝日のある週のみ木曜日の午後も診療いたします(17:00まで)。 祝祭日は休診です。 

このページの上へ